奈良の福祉グループぷろぼの > 職場実習・職場体験

職場実習・職場体験

梅守接客講座&寿司学校に参加しました。

 12月1日に(株)梅守本店で実施している「握り寿司作り体験」に併せて「接客講座」をぷろぼの利用者10名と職員6名が参加してきました。
日頃から販売の指導をされている梅守節子マネージャーから直接、挨拶や身だしなみについて講義・実習していただきました。挨拶や身だしなみを整える時には、心や気持ちの表現として行うことが大切だということを伝えていただき、実習ではみなさん心のこもった大きな声で挨拶できるようになりました。
「握り寿司作り体験」では握り方を手取り足取り教えていただくとともに、食品を扱う時の衛生について、手の洗い方や配慮事項を教えていただきました。写真付きの手順表を見ながら一生懸命作ったお寿司は、形はそれぞれ異なったものになっていましたが、味は梅守さんこだわりのシャリを使っているだけあって全員とてもおいしく作ることができました。

利用者の声

  • お礼の仕方をもっと練習しようと思った。
  • 梅守さんはきっちりとしているけれどもアットホームな雰囲気があってよかった。
  • 手洗い一つにしても徹底的にしていると感じた。
  • プロの人の握り方と比べるとごはんの並びが違うように見えて不思議でした。

株式会社梅守本店様のご協力を得て、施設外就労を開始しました。

11月19日より株式会社梅守本店様の食品製造工場の清掃を始めました。通路の清掃、工場内の地面、溝、運搬用の番重やコンテナを洗っています。
衛生管理の細かい基準を守って、時間内にすべて終われるように時間を意識して作業を進めています。隅々まできれいに洗う、工場内作業時は全身作業着着用、箱をきっちり重ねる、協力してコンテナを運ぶ、など実際の職場で実践しています。
※株式会社梅守本店様は、全国の方々に奈良名物のわさび葉寿しを提供しております。梅酢入りの美味しいしゃりにこだわったお寿司はJALのファーストクラスにも採用されています。

ソルノリーブス職場見学会の実施

11月16日(金)に(株)ソルノリーブスに職場見学に伺いました。親会社が扱う薬包紙の機械の紙管を洗浄しリサイクルしています。働かれている方は和気あいあいと、しかしきびきびと作業を進めていました。洗浄機のエアーの大きな音に驚きました。実習や採用の際のポイントは、あいさつや集団行動ができるか、注意した時に成長するきっかけが見えるかどうか、などだそうです。見学者からここで働けますか、など積極的な質問も出て、具体的に仕事としてイメージできる見学でした。

 

セキスイハイム家づくり工場職場見学会

9/20(木)奈良市西九条町にあるセキスイハイム近畿株式会社に職場見学に伺いました。セキスイハイムでは家を区画ごとにユニットに分け工場で家づくりを行っています。

モデルルームを見学して完成イメージを持ったうえで、地震体感装置を体験し、ユニットフレームのビス打ちや内装、外装の様子を見学しました。製造業の現場に行く経験が少ないので、作業音が大きいことに気付いたり、大きな工場の中で社員さんが作業をてきぱきと進める様子を見学でき、製造業のイメージを持つことができました。

利用者の声

  • 地震体感装置では、震災級の地震でもガラスが割れなかったので耐震性の強さに驚きました。
  • 生産工程をオープンに見ることができてよかった。
  • 作業しやすい体勢で社員が作業できるよう工夫されていたので、生産現場で働いてみたいという気持ちが出てきました。

タビオ奈良職場見学会

8月2、9日にタビオ奈良株式会社に職場見学・職場体験に行ってきました。靴下の物流部門でピッキング作業や配送の様子を見学させていただきました。社員と2人1組でのバーコード入力によるハンドピッキング作業を体験し、物流、配送の仕事の具体的なイメージを持つことができました。
利用者計15名の参加があり、初めての作業に緊張しながらも貴重な体験をすることができました。

 

利用者の声

  • 説明を聞き、体験させてもらったので、ただ見るだけよりも実際の仕事の流れがよくわかった。また参加したい。
  • ミスが起こらないように工夫されており、この作業なら自分でもできるのではないかと思った。
  • 体験に慣れてくると楽しくなってきた。実習があったら参加したい。
  • 社員はみな仲良くテキパキと働いており、和やかで良い職場だと思った。

 

葛城工業施設外就労

7月17日より葛城工業株式会社田原本工場にて施設外就労を開始しました。ユニットバスの脚環に緩衝材を貼り付け、完成品を箱詰めする作業を担当しています。緩衝材をはみ出さないように貼る、傷がつかないように丁寧に扱う、向きをそろえて箱詰めする、などの目標を立てて取り組んでいます。
製品の品番が変わると緩衝材の種類も変わり、箱詰めする本数も変わります。品番が変わった時などの報連相や職場でのコミュニケーションについても実践場面で練習しています。