奈良の福祉グループぷろぼの > 過去のニュース > 奈良マラソンの完走メダルの企画・製作に携わらせていただきました。

奈良マラソンの完走メダルの企画・製作に携わらせていただきました。

2014年1月6日


昨年12月8日に盛大に行われました「奈良マラソン」の完走メダルの企画・製作に携わらせていただきました。

完走者にメダルと共に配布されましたチラシにも『奈良マラソン2013 完走メダルは障害者の方の就職支援事業を行う「NPO 法人 地域支援活動センターぷろぼの」と「株式会社 明新社」「ナスカデザインラボ」の共同で企画・制作いたしました。完走メダルにかかる費用の一部をNPO 法人 地域支援活動センターぷろぼのの活動資金として活用させていただきます。』とご紹介いただいております。

(以下、紹介チラシより抜粋)

正倉院文様「紅牙撥鏤尺」に描かれる瑞獣「鸞」。それは鳳凰が年を重ね成熟の姿だという。
日々の汗を重ね辿り着いたランナーに贈る飛翔の完走メダル。

奈良マラソン2013 の完走メダルのデザインは正倉院中倉に納められている、象牙を紅に染めた儀式用の尺「紅牙撥縷尺 第一号」に描かれている瑞獣「鸞」を描きました。その姿は鳳凰が年を重ねた成熟の姿と伝えられています。日々汗をかき努力を重ね、フルマラソンを完走したランナーが、また次の飛翔のため翼を羽ばたかせようとする姿とかさなります。
また、ストラップには同じく正倉院中倉に納められている螺鈿箱の文様を描いております。これらの完走メダルで使用した文様は、国立奈良女子大学特任教授の藤野千代先生が実物の正倉院宝物より描き起こしたデザインデータをアレンジして使用しております。天平文化の花開いた時代の文様デザイン が現代に違う形でよみがえりました。
奈良マラソン2013、お楽しみいただけたでしょうか?この地には正倉院宝物をはじめとする様々な日本の宝がまだまだあります。また後日、奈良の 地をぜひご訪問ください。

奈良マラソン メダル紹介チラシ前面 jpg

奈良マラソン メダル紹介チラシ前面 pdf