沿革



平成29年8月 自立訓練(生活訓練)アースカラーズぷろぼのを大和八木に開設
平成28年8月 自立訓練(生活訓練)アースカラーズぷろぼのを新大宮に開設
スコラ新大宮校の開設
平成28年7月 ぷろぼの福祉ビル(Fellow Ship Center)竣工
平成28年4月 ITセンター榛原を開設
(就労移行支援・就労継続支援B型の多機能事業所)
平成28年3月 NPO法人から社会福祉法人へ移行
地域活動支援センターⅢ型についてはNPO法人にて継続
平成27年11月 榛原事業所の開設
人型感情ロボットのPEPPERを導入
平成27年10月 福祉ビルの工事開始
平成27年5月 スコラ大和八木校の開設
平成27年4月 東吉野よもぎ事業の開始
平成26年3月 本部ビル建設計画を開始 Greenfellow環境コーディネーター 牧村好貢氏と顧問契約
平成25年12月 社会福祉法人ぷろぼの 事業を開始
平成25年8月 放課後等デイサービス ぷろぼのスコラ を生駒に開設
平成25年7月 社会福祉法人の登記完了
平成25年3月 指定特定相談支援事業 特定相談支援事業所ぷろぼのを開始
平成25年2月 共同生活援助事業 GHぷろぼのを開設
平成24年10月 就労継続支援B型事業 SCファームぷろぼのを開設
平成24年4月 広域事業部を設置
大和八木事業所の開設
平成24年3月 第三回事業報告会の開催
平成23年12月 東日本大震災の被災障がい者支援のための義援金贈呈式を実施
幕張の高齢障害者支援機構の事業発表会で事業報告を行う
平成23年9月 地域貢献室を設置
なら福祉3Rセンターを設置
平成23年7月 会計アカウントセンターPacの事業開始
就労継続支援A型事業IPFactoryを開設
平成23年6月 「中古PCの有効活用を目指したなら福祉3Rネットワーク事業」が「奈良県新しい公共の場づくりのためのモデル事業」に採択される
平成23年3月 東日本大震災の被災障がい者支援のための街頭募金活動を開始
 第2回事業報告会を開催
平成23年1月 生駒事業所を生駒市元町に移転
平成22年4月 就労支援プログラムの運用を開始
機関誌probono publico の創刊
奈良県ITソーシャル・インクルージョンセンターの開設
「障害者雇用を担保するIT就労支援センター事業」が「奈良県 公募提案型奈良まほろばふるさと雇用再生特別対策事業」に採択される
平成22年3月 第1回事業報告会を開催
平成21年5月 就労支援プログラム開発委員会の発足
 平成21年4月 就労継続支援A型事業の開始
新大宮事業所の開設
 平成19年7月 就労継続支援B型事業の開始
高の原事業所の開設
 平成19年4月 障害者自立支援法の就労移行支援事業を開始
生駒事業所を生駒市西菜畑町に移転
平成18年10月 奈良県委託障害者職業訓練を実施
平成18年9月 NPO法人地域活動支援センターぷろぼの発足
NPO法人格を取得