奈良の福祉グループぷろぼの > 事業案内 > プロジェクトチーム

プロジェクトチーム

 法人が提唱する就労支援プログラムは、関係機関の協力を得ながら、独自に開発することが必要であると考えています。機能面や運用面を考慮しながら、部署を超えて、直近の課題を解決するために取り組でいます。

就労支援プログラムの開発

就労支援のための訓練プログラムを開発しています。訓練の基本方針は、「アセスメント」、「トレーニング」、「マッチング」です。個々の取組が訓練生に正確に伝わり、成果が実感できるように、資料などの準備をしています。

職業能力評価DBの開発

訓練生に的確な訓練プログラムを提供するために、「アセスメント」と「職業能力評価」を定期的に実施しています。特に「職業能力評価」は、訓練の成果を評価する上で、本人にとっても、スタッフにとっても需要なデータになっています。
詳細は「職業能力評価票」を参照してください。

人事考課DBの開発

法人の社員の年度の成果や能力の評価を行うためのシステムです。これはあくまでも法人が提供する就労支援プログラムを正確にしかも継続的に安定して実施するためのものです。そのために組織を構築し、社員が役割に応じた業務を遂行できるように、また今後の研修に役立てるために、客観的な評価の作成に取り組んでいます。