奈良の福祉グループぷろぼの > 過去のニュース > カーブス フードドライブ2017 今年もたくさんの食材をいただきました。

カーブス フードドライブ2017 今年もたくさんの食材をいただきました。

2017年3月31日


今年も、「カーブスフードドライブ活動 ~今私たちにできること~」の一環として当法人にたくさんの保存食材をいただきました。
フードドライブとは、家庭にある食料(缶詰やレトルト食品などの保存食品)を募り、食料を必要としている女性や子ども達、高齢者、福祉施設に寄付をする為の社会貢献活動です。
日本のカーブスでは2007年にこの活動が始まりました。それまでは日本国内において全国組織でフードドライブ活動を実施している企業・団体はありませんでした。しかし、食べていくことに困っている方々が予想以上に多いことがわかり、地域密着型の展開をしているカーブスとしては、地域社会への貢献をチェーン全体として取り組むべき大事なテーマであると考え、活動に取り組まれるようになりました。
家庭から保存食品を全国カーブス店舗(約1,700店舗)に持ち寄り、地域で集約されます。その中から、コーヒーやお茶、調味料、缶詰、レトルト、乾麺(そうめん・パスタ)、ケチャップ、マヨネーズ、パスタソースなど・・・沢山の品物(ダンボール箱9個分)をいただきました。グループホーム利用者の楽しい食事の材料として使用させていただきます。
カーブスの皆様方の温かいご支援に、あらためて心より厚く御礼申し上げます。

カーブスフードドライブ活動の詳しい内容についてはコチラ
https://www.curves.co.jp/convey/food/index.php
参考:
【カーブス フードドライブ2017 活動概要】
実施時期 : 2017 年 1月16日(月)~2 月 15 日(水)
実施店舗 : 2016年10月までにオープンしたカーブス店舗(約1,700店舗)
参 加 者 : カーブスのメンバー、一般の方々
寄付内容 : 常温保存可能で、賞味期限が2017年5月以降の未開封の食料品
(例:缶詰やレトルト食品、お米、乾物、調味料など)
寄 付 先 : ドメスティックバイオレンスから女性を守る保護施設、乳児院、教会、介護施設 など