奈良の福祉グループぷろぼの > 過去のニュース > カーブス フードドライブ2016 今年もたくさんの食材をいただきました。

カーブス フードドライブ2016 今年もたくさんの食材をいただきました。

2016年3月22日


今年も、「カーブスフードドライブ活動」の一環として当法人にたくさんの保存食材をいただきました。
フードドライブは、家庭にある食料(缶詰やレトルト食品などの保存食品)を募り、食料を必要としている女性や子ども達、高齢者、福祉施設に寄付をする為の社会貢献活動です。米国では 1960 年代に始まり、学校や企業、地域などで定着しており、米国のカーブスでも 1999 年より活動を実施しています。
日本では、家庭から保存食品を全国カーブス店舗(約1,600店舗)に持ち寄り、地域で集約されます。その中から、コーヒーやお茶、調味料、缶詰、レトルト、乾麺(そうめん・パスタ)、ケチャップ、カップラーメン、お菓子など・・・沢山の品物(ダンボール箱9個分)をいただき、各事業所のイベントなどで使用させていただきます。また、グループホーム利用者の楽しい食事の材料として使用させていただきます。
カーブスの皆様方の温かいご支援に、あらためて心より厚く御礼申し上げます。

DSCN2349

DSCN2351

DSCN2352

カーブスフードドライブ活動の詳しい内容についてはコチラ
http://www.curves.co.jp/convey/food/index02.php

参考:
【カーブス フードドライブ2016 活動概要】
実施期間 : 2016 年 1 月 15 日(金)~2 月 15 日(月)
実施店舗 : 全国のカーブス店舗約 1,600 店舗(2015 年 10 月オープン店舗まで)
参 加 者 : カーブスのメンバー、一般の方々
寄付内容 : 賞味期限が 2016 年 5 月 1 日以降の常温で保存できる未開封の食料品
(例:缶詰やレトルト食品、お米、乾麺、調味料など)
寄 付 先 : 各地域の児童養護施設、女性とこどものための民間シェルター、介護施設等