奈良の福祉グループぷろぼの > ぷろぼの福祉ビルについて

ぷろぼの福祉ビルについて

平成28年7月、平城宮跡にほど近い奈良の市街地に、奈良県産の杉や檜をふんだんに使った木造5階建ての福祉施設「ぷろぼの福祉ビル」が完成、7月19日から事業を開始しました。

8月1日からは、新たな事業として、
・自立訓練(生活訓練)(アースカラーズぷろぼの新大宮)
・放課後等デイサービス(ぷろぼのスコラ新大宮)
も開始しました。
利用される方のステップにあった支援により、「あなたらしく生きる」をお手伝いします。
「木に包まれた空間」は、そこで学び働く障がいのある方にとっても、また集い憩う地域の方々にとっても、”癒される居場所”となり、”笑顔が溢れる居場所”となるものと思っています。
そういう思いを込めて、ビルの通称を「Fellow Ship Center(フェローシップセンター)」と名づけました。

「Fellow Ship」とは、”仲間であること”、”共に助け合うこと”を意味します。だれもが仲睦まじく寄り添い合える場所として、地域に根ざしていくことを願っています。

ぷろぼの福祉ビル~Fellow Ship Center~ リーフレット

画像をクリックするとpdfが開きます

wood

ビルの見学について

ビル見学を希望される一般の方はこちらからご連絡ください

福祉ビル

CLT工法のビルが建つまでのドキュメンタリブックが完成

弊法人では、当該施設の完成を記念して、またCLTビルの普及に繋がることを願ってCLTbook「フェローシップセンターができるまで森から街への木の旅」を制作いたしました。

CLTbook

ウッドデザイン賞2016 受賞

ウッドデザイン賞は、林野庁の補助事業として取り組まれている顕彰制度です。
木に関するあらゆるモノ・コトを対象に、暮らしを豊かにする、人を健やかにする、
社会を豊かにするという3つの視点からデザイン性が優れた製品等を表彰する内容
となっています。

wood

ぷろぼのは、「建築・空間分野」の「ソーシャルデザイン部門」でウッドデザイン賞を受賞しました。

ソーシャルデザイン部門の対象は、
・木を使って地域や社会を活性化している
・木を使うことで森林や地域の活性化に貢献している
・人材を発掘育成している
・普及啓発効果が高い
・作り手や担い手のストーリー性を伝えている
建築、空間などです。

ぷろぼの福祉ビルは、暮らしを豊かにする、人を健やかにする、社会を豊かにする
という3つの視点に則り、活用されていく場となることを願っています。

法人名称 社会福祉法人ぷろぼの
施設名称 ぷろぼの福祉ビル Fellow Ship Center
住  所 〒630-8115
奈良県奈良市大宮町3丁目5番41号
TEL/FAX 0742-81-7032
実施事業
  1. 障がい福祉サービス事業
  2. 障がい児の社会性を育成する事業
  3. 地域貢献事業
事業概要 1.障がい福祉サービス事業

・就労移行支援事業 定員20名  (名称:テクノパークぷろぼの新大宮)
自己理解・訓練実習・就職活動の3つの要素から成る就労移行支援プログラムに基づき、一般就職を目指して訓練する場です。

・就労継続支援事業A型 定員20名 (名称:IPファクトリー)
訓練を終了した方が就労できる場です。
Proide ホームページ制作、印刷デザイン制作
Pac  会計入力、データ入力
の2つの事業を行います。

・自立訓練(生活訓練) 定員20名 (名称:アースカラーズぷろぼの新大宮)
通所しながら、生活の維持向上に繋げる訓練を行う場です。

2.障がい児の社会性を育成する事業

・放課後等デイサービス事業 定員10名 (名称:ぷろぼのスコラ新大宮)
主に障がいのある高校生を対象にソーシャルスキル、ITスキル等を学ぶ場です。

3.地域貢献事業

・古都奈良の地を大切にする法人の理念に沿って、元気な奈良をつくる活動を行います。
交流イベントや各種講座の開催、地域の方にも広くご利用いただける会議室や食堂の提供等